[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドカン

  • 文化
  • 2015-01-17(Sat) 15:53:10
 千葉県は内房の海で生活をされている人たちの防寒具として、野外手帳(白土三平)に紹介されていたものです。1996年発行の第7刷で見ておみちさんに作ってもらい、冬のアウトドアーで20年近く愛用しています。ネル生地約80×50cmの短辺を縫いあわせで筒状にしたもので、通常は襟巻きにし、風があって寒いときにはほっかぶりします。地味でネルの野暮ったい感じが、海の男らしいでしょう。庭の除雪などでは、薄手のマフラーを縫い合わせたドカンを作ってもらって使っています。内房では女性もドカンを利用しているようで、それぞれがおしゃれなガラのドカンを手作りするようです。
 野外手帳は1993年に初版後、版を重ねていましたが、いまは再版されていないようで、残念です。
どかん

コメント

ドカン

色も柄もおしゃれですね!!
流石おみち師匠、センスが違うなぁとつくづく。。。
ドカン、これは最高にいいですねぇ。

昔、馬の仕事をされていた近所のお兄ちゃんが確かこんな感じの
ものを首に巻いていたような気がします。
色もぱっとしない地味なものでその頃はイマイチの印象でしたが、
このドカンは野趣に富んでいて最先端ですよ。

ネックウォーマーの元祖ですよね!!

Kiiさんが「これいいよ。最高だよ、きっと」と煩いです。(笑)

野外手帳、図書館に申し込んできました。
再版して欲しいです!!

モデルさんは羊さんですよね?
可愛い♪

可愛いでしょ!

私の父親も、夏は手ぬぐい、冬はマフラーでほっかぶりをしていましたが、その時はドカンはなかったです。オホーツクでは、奥さんのでしょうね、ネッカチーフでほっかぶりをしている年配の人は見かけますが、ドカンの風習はないようです。
最近は、ネルも珍しくなりましたね。

ブログのアフリをはずしたら、少し見やすくなりました。今年は、頑張って更新をしたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドカン 簡単に作れる防寒着

久しぶりに床屋に行ったら、首が寒い。 帰りに立ち寄ったスーパーで見つけた、アクリルの襟巻きのような物が良さそうなので購入しました。 ネックウォーマー、耳当て、ニット帽 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。