[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺のこずえ

  • 2010-01-12(Tue) 23:22:02
20100112-1 曇天の雪原はホワイト・アウトして、雲の上を歩いているようだ。空を見上げながら歩いていると、スキーが笹の上に積もった雪を踏み抜いて転んでしまった。
 白樺の梢の向こうには、雪雲が西の空から東の空へ、急いで通りすぎていく。梢からこぼれた雪が、ふわふわと顔に降りてきて、スノートレッキングで上気した顔に心地良い。少しそのまま寝転んで通りすぎる雲を眺めていたが、丘陵を吹きぬける午後の風は容赦なく、どっこいしょっと立ち上がって、衣服に付いた雪を払いながら歩きはじめる。

コメント

No title

毎年、南さんは寒い雪の中でも歩かれているのですね。スノートレッキングって、後の筋肉痛も強烈そうですね。

転んでも雪の上なら痛くないでしょ?あはは



私はもう随分と長いこと雪山へは行っていません。若いころはスキーをやっていて、たまにふざけて、新雪めがけて突っ込んで遊んでいました。そちらは雪質もいいから気持ちよさそう~。

南さん、寝ころんだまま居眠りされないようにね~(笑)

No title

あははっ!

転んでも見ている人は居ないのですが、ついつい周りを見回してしまいます。

自分のスノートレッキングは、歩くより写真を撮ったり、お宝を探したり、虫こぶや木を観察している時間が長いから、2~3回行ったら筋肉痛は大丈夫。



新雪に埋もれて眠るって、久しぶりに「阿寒に果つ」を思い出しました。おみちさんは探しに行かないと、言い切っていますが、仰向けに寝転ぶと、雪が体に合わせて包んでくれるので、本当に眠ってしまいそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。