[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川霧

  • 風物
  • 2013-02-14(Thu) 22:27:59
 立春が過ぎて日が長くなってきましたが、北国は厳寒期の真っ只中です。シバレタあしたに少し早起きをして、石狩川へ川霧を撮りにいきました。途中、車のライトをつけるほどの霧で、遠景がほとんど望めませんが、逆光になる右岸に作業用の道が除雪をしてあったので、そこへ車を乗り入れました。薄着のまま出かけたので骨の髄まで凍りつくような寒さでした。
 枝にモールのように付いた霧氷と川面から立ち上る川霧、かすかに流れる風であっという間に変わる光彩、寒さをこらえて、シャッターを押し続けましたが、これが限界でした。エンジンはかけっぱなしだったので、車内は暖かいはずなのですが、家に帰ってからもしばらく凍り付いていました。戸外の温度計はなんと氷点下25度以下、次の日まで鼻水が止まりませんでした。

石狩川
スポンサーサイト

白樺林

 曇天の雑木林、少し風があって気温のわりに寒い一日でした。
天気予報の気温を見て、久しぶりに暖かくなりそうだったので、かんじきを車に積んで里山へ出かけました。冬は積雪で駐車できるところが少ないので、先日、河川敷のヤナギを観察した場所の、山手の方へ入って見ました。樹齢が数十年はありそうなカラマツ林をぬけると、シラカンバの多い場所にでました。光がさすと、木肌がもっと白く浮かんで見えるはずですか、あいにくの曇り空で寒々しい風景となりました。
 振り返るとかんじきの後がいつまでも着いてきます。少しは写真写りが良くなるかと思って、S字に歩いてみました。

白樺林

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。