[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポプラ

  • 風景
  • 2010-06-27(Sun) 01:06:08
20100626-1 空に突き刺さったようなポプラ、最近は大きなポプラが少なくなって、これほどのものは他では見られなくなった。
 繁茂する夏草、紫外線があふれんばかりに降り注ぐ青空、天を突く深緑のポプラ、そこには夏の北海道を象徴する風景がある。

 草原を渡る風は涼しくて、30度を越える真夏日とは思えないが、帰り道のカーラジオで「十勝で35度を越える猛暑日となった」と報じていた。
スポンサーサイト

タニウツギ

  • 2010-06-25(Fri) 16:42:09
100625-1 少し遅れて開花した信砂のタニウツギ、おかげで傷んでない綺麗な花の写真を撮ることができた。遠くに望む暑寒別岳には、まだ真白い雪渓が空にくっきりと浮かんでいて、山地の気候は更に遅れているようだ。

 国道から増毛の漁港へおりて、朝水揚げした新鮮なタコの足を3本買って帰る。

ブルーインパルス

  • 行事
  • 2010-06-13(Sun) 23:17:13
20100613-1 旭川駐屯地祭り、陸上自衛隊第2師団の創立60年周年をむかえ、記念行事としてブルーインパルスの展示飛行が、多くの市民が見守る中、行われた。
雲ひとつ無い晴天下、真白い航跡を描きながらの編隊飛行は圧巻で、多くの市民から拍手喝采が贈られた。

20100613-2

十勝岳(Ⅱ)

  • 風景
  • 2010-06-11(Fri) 23:30:19
20100611-1メアカンキンバイ バラ科

 草丈数センチの高山植物、登山道の踏みつけられそうなところにひっそり咲いている。




20100611-2ウコンウツギ スイカズラ科

 蕾のものが多いが、数輪咲いていた。花の中の染みが、ウコンの色に似ているからウコンウツギ。



20100611-3エゾノタカネヤナギ ヤナギ科

 高山性のヤナギ、十勝岳にはミネヤナギと、数は少ないがエゾノタカネヤナギの2種がある。



 マルバシモツケやエゾイソツツジはまだ蕾で、他には望岳台までの道中、ムラサキヤシオが咲いていた。

十勝岳

  • 風景
  • 2010-06-10(Thu) 23:00:39
20100610-1  初夏を思わすような好天が続いて、北国にも新緑の季節がやってきた。下界の予想最高気温は25度以上、今日も朝から太陽が眩しい。それでも1000mを越える所まで登るのだから、少し厚手のシャツを着て出発。
 正面に見える大雪の山々は、深い雲に覆われている。望岳台の正面に望む十勝岳も、雲に隠れて見えない。霧がかかったような空気は湿度が高く、風も無く澱んで、少し歩いただけで不快指数が一気に上昇して息苦しくなる。

20100610-2 ミヤマヤナギとエゾノタカネヤナギの観察をしながら2時間、正午すこし前に美瑛岳との分岐に到着。避難小屋の横には大きな雪渓があり、雲が高くなって薄日が射すようになり、雲の切れ間から十勝岳が顔を出した。火口に発った白い噴煙は、雲に同化するようにかすんで、直ぐに雲に隠れてしまった。久しぶりに雪の感触をあじわいながら、避難小屋に到着。前に積まれた大きな岩に腰を下ろして、おにぎりを頬張る。岩の上に足をのせて少し休んでいると、雪渓を渡る涼しい風がとおり過ぎて、少し元気がでてきた。

20100610-3  避難小屋から少し下って、分岐から美瑛岳へ向かうと、硫黄沢川の上流に出る。谷をおおった雪渓の下から流れ出る沢水が、岩肌を滑るように落ちて、小さい滝になっている。雪渓の下がトンネルになっているので、近くまで登って見たが、天井が低くてトンネルの中へは入れなかった。 
 がまの口のようなトンネルの奥から、呼吸をするように時々吐き出される冷気で、いっしゅん白い霧が発生するのを見ていると、いつかウエンシリの深い谷間で見た氷のトンネルを思い出していた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。