[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛として

  • 風景
  • 2010-01-19(Tue) 00:35:23
20100117-4 放射冷却の朝、氷点下20度の寒さでできた霧氷は、正午近くの太陽の下でも凛としている。真白い氷華から毀れた結晶は、燦々と輝く太陽を映して放射状に光を反射し、雪上の陽だまりと同化する。なんという素晴らしい光景なんだろう。デジカメに付けっぱなしのクローズアップ・レンズをはずして写真を撮ってみた。
20100117-2 白い太陽、青い空、白い雪、微かに揺れて砕け落ちる霧氷、研ぎ澄まされた冷気は凛として、すべてのものに光があふれている。頂上を越えての帰り道、午後の太陽を背にして下ると、稜線から1本の光が滑るように伸びて、細長い木の影が追いかけてくる。日陰になった急斜面は色を失い、底冷えのする冷気が押し迫ってきた。
スポンサーサイト

白樺のこずえ

  • 2010-01-12(Tue) 23:22:02
20100112-1 曇天の雪原はホワイト・アウトして、雲の上を歩いているようだ。空を見上げながら歩いていると、スキーが笹の上に積もった雪を踏み抜いて転んでしまった。
 白樺の梢の向こうには、雪雲が西の空から東の空へ、急いで通りすぎていく。梢からこぼれた雪が、ふわふわと顔に降りてきて、スノートレッキングで上気した顔に心地良い。少しそのまま寝転んで通りすぎる雲を眺めていたが、丘陵を吹きぬける午後の風は容赦なく、どっこいしょっと立ち上がって、衣服に付いた雪を払いながら歩きはじめる。

霧氷

  • 2010-01-05(Tue) 13:18:10
20100106-1 氷点下15度、モールのように付いていた霧氷が、昼近くなっても融けないで付いていた。寝坊の目には眩しすぎる太陽をあびながらパチリッ。何枚か写真を撮っていると、通りがかりのご婦人に後ろから声をかけられた。自分のデジカメでも撮って欲しいと頼まれたので、数枚シャッターを押してデジカメを返すると、ご丁寧にお礼を言われたが、綺麗に写っているだろうか。綺麗な霧氷を愛でる言葉を一言残してくれて、とっても嬉しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。