[AD] 北海道 / 旭川市 / ブロガー / ショップ / クレジットカード / ゴルフ用品・ゴルフ場予約 / アフィリエイト / 広告掲載パートナー大募集
[旭川INDEX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺林

 曇天の雑木林、少し風があって気温のわりに寒い一日でした。
天気予報の気温を見て、久しぶりに暖かくなりそうだったので、かんじきを車に積んで里山へ出かけました。冬は積雪で駐車できるところが少ないので、先日、河川敷のヤナギを観察した場所の、山手の方へ入って見ました。樹齢が数十年はありそうなカラマツ林をぬけると、シラカンバの多い場所にでました。光がさすと、木肌がもっと白く浮かんで見えるはずですか、あいにくの曇り空で寒々しい風景となりました。
 振り返るとかんじきの後がいつまでも着いてきます。少しは写真写りが良くなるかと思って、S字に歩いてみました。

白樺林

スポンサーサイト

芽状てんぐ巣

 ミズナラの芽状てんぐ巣病、ミズナラの幹や枝に茶色の苔が生えているように見えるけど、これは長さ数ミリの枝が多数叢生したものです。菌類の寄生によって、できものが出来たようなもので、毎年すこしずつ面積が広くなります。夏でも葉をだして緑色になることはありませんが、大きくなると木肌にコブができて、盛り上がってきます。河川敷などの湿潤なところに生えるミズナラで見かけますが、珍しいものです。

芽状てんぐ巣

危ない!

 大雪のあとは要注意。冬晴れの朝に、久しぶりのスノートレッキングに出かける。青空の中に真白い雪をのせた枝がひろがり「枯れ木に花を咲かせましょう」って感じだけど、大きいものは1mを越え、数百キロにおよぶ。日が高くなって枝の氷が融けると、粉雪を撒き散らしながら「ドサッ」と大きな音をたてて落ちる。

雪塊

冬晴れの夕

春日夕景 冬晴れの夕刻、山の端に隠れた太陽は、ゆっくりと雪原に陰を落として、雑木林の天空を薄紅色に染めた。辺りの空気が急に冷え冷えとして、足元から寒さが忍びより、少し離れた車のエンジンの音だけが聞こえている。雪道をキュッキュッと踏みしめながら、暖かい車にもぐりこみ、ヒーターの口から噴出す暖気を、露が付かないようにカメラにあてる。
 薄暮か、ライトを点けて帰ろう。

笹刈り

20100524-1 暖かい週末から一転、肌寒い作業日和になった。数日前からうるさく付きまとうようになったブユも少なく、雑木林の笹刈が予想以上に捗って、とりあえず歩くところは刈り終えることができた。
 間伐をしていないので、日陰になった木が枯れたまま突っ立っているが、気が向いた時に少しずつ切って、薪にでもしようと思う。
 手入れの行届かない雑木林だか、ちょっとだけ手をかけると、見違えのように木が立派に見えてくる。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。